HOME HOME    アロマセラピー・スクール

アロマセラピー・スクール

アロマを学んでみませんか?

La Pausa では、アロマについて基礎を学べる講座から、修学後にソーシャルアロマセラピストとして社会活動に参加できる講座までご用意しています。まずはお気軽にメールでご相談ください。

メールでのお問い合せはこちら

アロマセラピー基礎講座 STEP1

「予防医療を目指すアロマセラピー」

アロマについて基礎を学ぶのに適した講座です。
大阪府立健康化学センター監修。

アロマセラピーとは/歴史/ホリスティックアロマセラピーとは/吸収のメカニズム...他

4,000円(全3時間受講料・テキスト込み)

アロマセラピー基礎講座 STEP2

「さらにスキルアップを目指す方へ」

よりアロマについて知りたい、ハーブについても学んでみたい、アロマ化粧品を実際に試してみたい方におすすめの講座です。講座の最後に確認テストを受けていただき、ミュゼ株式会社から修了書が発行されます。
また、STEP1と2を修了ののち、大阪本社もしくは講師認定サロンでより専門的な技術講習を受けると、アロマセラピストとして開業することができます。
大阪府立健康化学センター監修。

アロマセラピー理論/精油概論/ハーブ活用講座/MHA(ミュゼ・ホリスティックアロマ)...他

30,000円(全8時間受講料・テキスト・会員登録費込み)

ページの先頭へ

ソーシャルアロマセラピスト養成講座

「人・社会・地域のためにアロマを活用していきたい方へ」

「誰かの役に立ちたい」「人に喜んでもらいたい」
予防医療、高齢者の介護予防、障がい者の自立支援、児童の健全育成。
そんな想いを実現させてくれる講座です。

講座修了後の活動について

アロマセラピーの知識と、介護予防フットケア、介護予防ハンドケアの技術を習得することで、

・ 地域でのボランティアとして活動
・ 現在のボランティア活動のレベルアップ
・ 子どもたちどうし、親子のコミュニケーションづくり
・ 障がい者の自立のきっかけづくり
・ 高齢者の介護予防、予防医療

など、さまざまな方法で活動できるのがソーシャルアロマセラピストです。

ソーシャルアロマセラピストになりませんか?

社会参加・社会貢献・老人性うつの予防・自身の健康・介護予防・生きがいづくりにつながり、ハンドケア・フットケアの技術は、在宅介護にも活用できます。

アロマトリートメントオイルでのケアは、タッチングと香りの心地よさが伝わります。 顔を見ての会話、コミュニケーション、触れ合うことでの肌の温もり、心の温かさを感じることで緊張がほぐれます。アロマは、癒しだけでなく、病気になる大きな原因の一つとされる「ストレス」の軽減にもなり、病気の予防につながります。

  • アロマセラピーとは?
  • アロマの吸収のメカニズム
  • アロマに関する法律
  • 使用するアロマオイル・アロマジェルの説明
  • ソーシャルアロマセラピストの役割の説明
  • 高齢者介護予防の役割(介護予防・生きがいづくり)
  • 障がい者自立支援の役割(保護から自立への可能性など)
  • 青少年健全育成の役割(親子のコミュニケーションの大切さ 発達障害の子どもたちとアロマ)
  • 高齢者の特徴
  • ハンドケア フットケアの注意事項
  • 福祉用具の使い方、現場でのマナー、コミュニケーション
  • アロマ有償ボランティア活動法
  • ハンドケア・フットケアの技術実習

25,000円(全10時間受講料・テキスト・教材費込み)

理論5時間/技術5時間
受講キットA…テキスト、足と手のアロマオイル・アロマジェル
受講キットB…テキスト、キッズアロマオイル(ゆめ・きぼう・ゆうきの3種類から2本選択)・アロマジェル


福祉サークル「にじいろきらきら」

アロマでできる社会貢献があります

「ソーシャルアロマセラピスト」をご存知ですか?
ソーシャルアロマセラピストとは、高齢者の介護予防、障がい者の自立支援、青少年の健全育成といった社会的問題にアロマセラピーを提案・活用し、人・地域・社会に役立つ活動をおこなうアロマセラピストのことです。

La Pausa が主体となり、「アロマの香りで、自分だけじゃなく、まわりの人も一緒にしあわせになろう」という理念のもとにアロマセラピストの福祉サークル「にじいろきらきら」を立ち上げました。
福祉施設や障がい者施設への出張トリートメントなどの活動を行っています。

理念にご賛同いただき、ご興味をお持ちの方は、ぜひメールにてご連絡ください。

ページの先頭へ

 
 

La Pausa(ラ・パウザ)
滋賀県近江八幡市のアロマトリートメントサロン『La Pausa(ラ・パウザ)』